ワキガ体質の人の足のニオイ

photo credit: Elvert Barnes 100.DupontCircle.WDC.20may06 via photopin (license)

足のニオイはワキガ体質でなくても気になるニオイですよね。夏はもちろんですが暖房の効いた部屋で厚手のソックスと革靴を履いていると蒸れてかなりの悪臭になることも。

ワキガ体質だと足も臭くなりやすい?

ワキガ体質の人は汗腺の数や分泌量が多く、手の平や足の裏などが常にしっとり濡れている人が多いです。

アポクリン汗腺は脇や陰部など限定的にしか存在しませんが、エクリン腺は体中にあります。
ワキガ体質の人はこのエクリン腺も過剰分泌傾向にあり、特に汗腺の数が多いのは手足の指の付け根です。汗も溜まりやすくじめじめと蒸れて皮膚がふやけている状態になります。

さらに仕事の緊張や「臭っているのでは?」という精神的なストレスなどの発汗も合わさってどんどん汗をかくという悪循環に陥ります。
こうなると汗腺の多い足は細菌の温床となり1日の終わりにはかなりのニオイが発生しているということになるのです。

毎日の消臭クリームは意外と大変

足のニオイを消臭するクリームは市販でもありますが、毎朝塗るとなるとちょっと面倒だと思うこともあります。

丁寧に塗らないと効果は期待できないですし夏場は特に塗り直しが必要なくらい蒸れてしまうこともあります。

でも脇とは違って靴下はずっと履きっぱなしで汗の量も多いので、塗り直しもできなくて暑い日は結局臭ってしまったりとか。

脇と足では繁殖してニオイを出す菌の種類が違うのでワキガ臭とは違いますが、細菌が増えて出す代謝物がニオイを出すと言う点は同じです。しかし足は脇よりも汗をかきやすいのに通気性がかなり悪いです。 仕事で靴を履きっぱなしの人はなおさらですね。

足にはエクリン腺しか存在しないので通気性が良くて多少の汗なら乾けばそんなに臭わないはずなのです。悪臭になるのは常に湿った状態が密閉空間で長時間続いて雑菌が増殖し放題になっているからです。

足のニオイを消すソックス



クリームを丁寧に塗り込む手間が惜しいという人は消臭糸という特殊な繊維で編み込まれた靴下を履くという方法もあります。

靴下の生地そのものに消臭効果をもたせているので足の臭いをかなり緩和してくれます。洗濯して繰り返し使えますし経済的なのも良いポイント。

布に触れた部分だけ消臭するので指の間などは多少臭ってしまいますが、足の臭いが靴下から外へ出ることはありません。足の臭いを防げたら靴の匂いも軽減されます。

革靴などは特に洗いにくいですし、足の臭いは思ったより強烈でこびりつきます。市販のファブリーズなどの消臭スプレーは匂い分子を一時的に包み込んで臭いを消すので時間がたつと匂いが復活します。

私は消臭糸の靴下の方が効果を感じられました。臭いを吸着できる量には限りがありますが、洗濯で消臭効果は復活しますし何日も同じ靴下を履くということもないのでその点はとくに気になりませんでした。

ただし、消臭靴下は無地のものしかありません。靴下にこだわりがない人や無地のものしか履かないという人は一度試してみる価値はあるでしょう。

→ デオル 足の臭いが消える靴下

自分のお気に入りの靴下に消臭機能をもたせたいという方はスプレータイプの消臭液がオススメです。こちらは匂い分子を別の物質に化学変化させてしまうため匂いが復活しません。

前もってスプレーして干して置くだけ。私はこちらも試しましたが劇的に効きました。個人差はあると思いますが、あまりに匂わないので何日か履いてもやっぱり匂いませんでした。ホームページの情報によると3日ほどほとんど匂わないほどの消臭効果があるそうです。ただし、汚れは蓄積されていくので臭くなくてもしっかり洗いましょう

消臭スプレーの場合、洗うたびに消臭効果はリセットされるのでその都度スプレーする必要があります。コストパフォーマンスがいいのは消臭糸を使った消臭靴下ですね。

私は仕事とプライベートで使い分けしています。消臭スプレーは靴下だけでなく衣服全般に使えるので汗をかきそうな日の前日に衣服にも下着にも靴にもスプレーします。周囲の目を気にすることなく快適に過ごせるのでかなりヘビーユーザーです。