すそわきが対策!石鹸の選び方と洗い方が大切

スソワキガはワキガ以上のニオイになる?

耳垢が湿っていて脇汗が多い人はワキガ体質の可能性が高く、女性ならスソワキガに悩むケースが多いです。

スソワキガの原因は汗がこもりやすい陰部で汗や尿やオリモノが混ざり合って細菌に分解されるからです。

脇と同じケアではとてもスソワキガ臭は抑えられません。

ニオイの原因となる陰部のアポクリン汗腺は脇ほど活発に活動しているわけではなく、本来ならそこまで臭うことはないのです。

それでも強烈に臭うのは排泄器官が近く、雑菌が繁殖しやすいことと、構造的に陰部は湿気が多くて通気性が悪く、蒸れやすいことが大きな理由です。

しかも、陰部は脇毛のように簡単に毛を綺麗に剃る事が出来ない場所です。

陰部は皮膚が薄くデリケートなためチクチク感や剃刀負けしやすく、肝心の一番蒸れるところは剃りにくい。

陰部は汗だけではなく、拭き残った尿やオリモノなどと交ざりあうため、ワキガよりも悪臭になることもあるのです。

しかも、アポクリン腺の表面には女性ホルモンの受容体が付いていてスソワキガ臭はホルモン量に影響されます。

特に陰部のアポクリン汗腺は性ホルモンの影響を受けやすく、皮下脂肪もアポクリン腺を刺激するので女性にスソワキガが多いのです。

洗いすぎると余計臭う

スソワキガの対策は基本的にはワキガと同じでワキガ臭の元となる菌を殺菌する事です。

では丁寧にゴシゴシ洗えばいいのか?というとそれは逆効果になってしまいます。

陰部には善玉菌と悪玉菌が存在します。

善玉菌はデーテルライン桿菌と言って乳酸を作り出すことで膣を酸性にする働きをしています。

酸性になると酸で悪玉菌が死んで増えることができなくなり、善玉菌の方が多くなります。

このような「膣が自分で清潔な状態を保つ力」を「自浄作用」と言います。

自浄作用が正常に機能していれば悪さをする菌はおりものと一緒に洗い出され膣は清潔に保たれているのです。

つまり、善玉菌が粘膜を守ってくれているのに陰部を洗いすぎると善玉菌が洗い流されて臭い悪玉菌が増えて悪臭や炎症を起こしてしまうのです。

オリモノのニオイをチェック

74689d2f349c74180824eec0c1fac956_s

陰部を洗う時に絶対にやってはいけないのがゴシゴシ洗ってしまうこと。

スソワキガの原因であるアポクリン腺は膣周辺の粘膜ではなく大陰唇という性器の周りの皮膚に分布しています。

アポクリン腺は毛根の横にくっついているので、毛が生えているところにしか存在しません。

スソワキガのニオイが気になるのは汗の臭いだけではなく、洗いすぎによる雑菌が増えたオリモノのニオイも混ざってしまうからなんですね。

細菌バランスが崩れているかどうか、その指標となるのがオリモノです。オリモノのニオイや色を定期的にチェックしましょう。

スソワキガ体質の女性はスソワキガと生理のニオイが混ざってしまうことを避けてタンポンなどを使いがちです。

しかし、タンポンは膣の中で雑菌が増えて不衛生になりやすいというデメリットがあるのでスソワキガ体質の人には不向きな生理用品です。

どうしても使う場合は使用方法や使用時間はきちんと守るようにしましょう。

オリモノは乳白色からクリーム色ぐらいの色で乳酸によって少し酸っぱいニオイがするのが正常です。

黄色い膿のような色をしていたり、魚の腐ったような生臭いニオイがしたら膣感染症になっている可能性もあるので病院に行きましょう。

すそわきが体質向けの防臭ソープ

 

すそわきが体質の人はニオイを抑えるために陰部の洗い方がとても重要です。

でも、清潔を保つことは大事だけと洗いすぎはダメ、洗えていないのはもちろんダメ、洗浄力が強すぎる石鹸もダメと色々と難しい。

私は消臭効果もプラスされている石鹸が欲しかったので色々試しました。

すそわきがの消臭効果を感じたのは弱酸性で消臭効果があるロンタルのジャムウ石鹸です。

ほとんどの石鹸はアルカリ性ですが洗浄力が強すぎてすそわきが体質の人には逆に雑菌が増えて悪臭がする原因となりえます。

理想は膣と同じ弱酸性です。ロンタルのジャムウ石鹸は弱酸性なので善玉菌を殺菌してしまうことなく優しい洗い上がりになります。

そもそもジャムウ石鹸とは陰部のニオイが気になる人向けの有効成分が配合された無添加石鹸のことです。

ジャムウとはインドネシア語で「植物などから作られた薬」という意味で、欲しい効能に合った植物を調合してあるので漢方薬のようなイメージですね。

植物由来なので肌に優しくデリケートな部分に使っても安心です。

すそわきがのジャムウ石鹸は消臭効果と陰部の肌のケアができるジャムウが配合されています。

さらに強力な天然消臭成分であるミョウバンと柿タンニンが配合されているのでスソワキガの強烈なニオイを抑えます。

固形石鹸タイプのジャムウ石鹸も試しましたが泡立てるのが大変です。

ロンタルのジャムウ石鹸はジェルソープなので少量でふわふわに泡立ちやすく陰部にだけ使えば長持ちして経済的です。

ジャムウ石鹸で洗って陰部にも塗れる無添加の消臭クリームと併用すると夏場でもほとんど匂わなくなりました。

肌のターンオーバーを促進して黒ずみを改善する成分も入っているのでニオイだけでなく黒ずみが気になっている人も使えます。

ジャムウ石鹸 ロンタルハーバルジェルソープ


スソワキガクリームで昼間は殺菌・防臭

膣や尿道などの刺激を受けやすい粘膜などの近くは避けてアポクリン腺が分布している毛が生えている場所にスソワキガにも使える消臭クリームを塗りましょう。

スソワキガもワキガと同じで、細菌が増えすぎることでワキガ臭が発生しているのでワキガクリームでも効果はあります。

しかし陰部は粘膜に近く、皮膚が薄くて敏感で荒れやすい場所です。

そのため、低刺激テストやアレルギーテストを行なった安全性の高い無添加のクリームのほうが安心して殺菌・消臭することができます。

肌への刺激物といえば石油系の界面活性剤や鉱物油、着色料、香料などです。

これらの物質は保存料としてクリームの品質の保つことと引き換えに、肌に赤みやかゆみを引き起こすだけでなく、長期間の使用で色素沈着を起こしてしまうこともあるのです。

色素沈着による黒ずみはなかなか落ちないので、肌への負担が強い黒ずみを引き起こすようなワキガクリームを使わないことが大事です。

⇒ワキガと脇の黒ずみの関係とは?

⇒スソワキガ、チチガに使える!消臭デオドラント