スソワキガ治療は切らない方法がおすすめ

すそわきが治療の種類

スソワキガ治療は場所が場所だけにあまり積極的には行われていない傾向にあります。

それでも股間の独特なニオイに悩む人は多く、根本的な治療がないわけではありません。

基本的には脇への治療と同じですが、切開手術は全くおすすめできません。傷跡が残って引きつれなどが起こる可能性がある上にアポクリン腺を取り残しやすく脇の手術ほどニオイの改善は実感できません。

スソワキガの外科手術を行なっている病院もほとんど無いので選択肢が少ないのです。

股間のアポクリン腺はもともと少ないので、切除手術よりもアポクリン腺の機能を止める治療方法が効果的です。

最新治療ウルセラドライ

ウルセラドライとは『高密度焦点式超音波』という超音波を使った切らないワキガ治療です。

汗腺だけにピンポイントで熱損傷を与えることができるので、他の組織へのダメージを最小限に抑えて汗腺だけを機能停止させます。

照射するだけで治療できるので、すそわきが、チチガにも使用されています。
ワキのように切開したり縫ったり出来ない箇所も治療できるのが最大のメリットです。

ボトックス注射

ボトックス注射は汗腺を麻痺させて汗の分泌を止める方法です。

陰部のアポクリン汗腺はワキよりも小さくて活動も控えめです。それなのに臭うのは通気性が悪くて蒸れやすいからです。
蒸れる原因となるエクリン腺の汗が止まるので、夏に汗をかいても下着が汗で湿る不快感がなくなります。

ボトックス注射は施術時間も短くて傷跡も残らないお手軽な方法です。速効性もありますが、効果は長くて半年ほどです。半永久的な効果を望む人には向きません。

電気凝固法

陰毛の毛穴に針を差し込み電流を流してアポクリン汗腺を凝固させて破壊します。
ワキガの治療にも使われている方法ですが、
ワキのアポクリン汗腺は一粒一粒が大きくて活発なので治療効果は弱いのです。

しかし、すそわきがのアポクリン汗腺は小さくてハッキリしないことが多いので電気凝固法でも充分効果的です。
傷跡も残らないし陰毛も薄くなるため、ワキガよりスソワキガでよく使われる方法です。

毛には生え変わるときに「休止期間」というものがあるので、3ヶ月ごとに2回ほど通わなくてはいけませんが一度アポクリン汗腺を破壊することができれば効果は半永久的です。

切開手術

陰毛の生えている部分を切開してアポクリン汗腺を取り除く方法です。

一度の切開治療では効果がないことの方が多く、傷跡も残ります。手術後は固定しなければいけませんしデリケートな場所だけにあまり推奨されていません。

最新のスソワキガ治療 ウルセラドライ

  • 一度の施術で半永久的な効果
  • 切開しない治療法
  • アポクリン汗腺を破壊できる

 

すそわきが治療でこれらの特徴を全て持っているのはウルセラドライだけです。

陰部はワキと違ってあまり何度も処置されるのは抵抗がある場所ですよね。一度で高い効果があるのは魅力的です。
他にワキを切らない手術に「ミラドライ」がありますが、すそわきがには適応されていません。

ミラドライは電磁波、ウルセラドライは超音波を使う治療法です。
どちらも汗腺だけに熱損傷を与えるという点では一緒なのですが、ウルセラドライは超音波エコー画像で汗腺を確認しながらのピンポイント治療が可能なのでスソワキガにも対応できるようです。

ただし、ウルセラドライは神奈川県の川崎中央クリニックでのみ治療が可能です。川崎中央クリニックの院長がウルセラドライの開発者なので全国でもここだけなのだそうです。

費用は35万円で一度で効果に満足できなかったら2回目は半額で施術を受けられます。重度のスソワキガの人の場合、2回目を受けることも少なからずあるようですね。

すそわきがは細菌感染しやすいデリケートな部位なのでワキ以上に気を使います。切開しない治療法はいくつかありますので自分にあった治療法を見つけてください。