女性は要注意!甘い食べ物はワキガを悪化させる?

スイーツの食べ過ぎでワキガ悪化!?

女性に多い甘党派。

私もかなりの甘党で特に疲れたときなどはケーキやプリンやチョコレートなど甘いお菓子に目がありません。しかしこの砂糖たっぷりのお菓子がワキガを悪化させることはご存知でしょうか?

ワキガは遺伝体質なので食生活で治ることはありませんが、悪化はしてしまいます。ワキガはシンプルに言うと特殊な体質の汗のニオイです。汗はもともと血液から作られていますので食生活が汗の成分やニオイに直接関係してくるのは当然と言えば当然ですよね。

砂糖の取り過ぎは血液を変化させる?

ではなぜ砂糖がワキガを悪化させるのでしょうか。

砂糖は体内に入ると分解されてエネルギーとなったり肝臓に蓄えられるのですが、一度にたくさんの量の砂糖をとると処理が追いつきません。その結果、一時的に血中の乳酸濃度が上がります。乳酸は汗の成分と反応してアンモニア臭をキツくする成分です。

また、砂糖の取り過ぎは体を老化させる作用があることも有名で、癌の原因物質とも言われる大量の活性酸素を産生します。活性酸素は汗の中に含まれる脂質を酸化して古い油のような嫌な匂いの汗にしてしまいます。

もちろんたまに甘いものを食べすぎたからと言ってすぐに汗のニオイがキツくなるわけではありませんし、血中の乳酸などは一時的に増えてもすぐに肝臓に吸収されてエネルギー源として蓄えられます。

しかし日常的に甘いものをたくさん食べていると血中の乳酸や活性酸素はずっと高いままですよね。砂糖の過剰摂取は汗のニオイだけではなく体全体に悪影響を及ぼします。体の変調が体臭にサインとして現れているというわけですね。

つまりワキガではない人でも砂糖の取り過ぎは汗のニオイに変化をもたらすのです。ワキガ体質の人はもっと気をつけたいところですね。

特にクリーム系の洋菓子は注意

汗のニオイを悪臭化させるのは砂糖だけではありません。生クリームやカスタードクリームなどに含まれる動物性脂質や動物性たんぱく質は取り過ぎると汗が悪臭化します。

肉類の食べ過ぎで体臭が悪化するのと同じで、洋菓子に多く含まれる乳脂肪分は汗に含まれる脂質を酸化して活性酸素の発生を促進します。

洋菓子は砂糖だけでなくバターや乳製品をたっぷり使っているものが多いのが特徴です。ケーキや焼き菓子などは柔らかくてフワフワしているのでパクパク食べられてしまいますが、甘いものが無性に食べたいときは出来るだけ和菓子を選ぶようにしましょう。

砂糖の依存性

砂糖には依存性があることをご存知でしょうか?

一説には麻薬よりも強い中毒性があるとも言われています。

甘い物を食べると脳内で幸せを感じるホルモン「ドーパミン」が大量に出ます。脳は『甘い物=幸せ』とインプットしてしまうため定期的に甘い物が欲しくなってしまうのです。イライラしたりストレスを感じると甘いスイーツが食べたくなる人は要注意です。

このように砂糖には過剰摂取につながる危険性がひそんでいるのです。砂糖の取り過ぎはイライラや疲労感、集中力の低下など体臭以外にも様々な弊害があります。

砂糖を完全に断つのは難しいですが、何にでも砂糖を入れたり甘い物をドカ食いしてしまうなど砂糖依存の傾向がある人は食生活を改めて見直してみましょう。

ワキガ臭の原因であるアポクリン汗腺の汗は非常に臭いますが、エクリン腺からの汗は本来サラサラしていてあまり臭わない汗なのです。砂糖依存体質の人はエクリン腺からの汗までも悪臭となってしまいます。さらにアポクリン汗腺からのワキガ臭と混ざってさらに悪臭となり、有効なワキガケアも効果が薄くなってしまうのです。