陰毛脱毛でアソコのニオイが激減した

汗をかくと気になる股間のニオイ。

清潔にして、おりものシートを活用しているはずなのになぜかワキガ臭が消えない人は「すそわきが」かもしれません。

通気性が悪くて排泄する場所なので雑菌もニオイも脇より繁殖しやすいのです。

10人に1人はすそわきが体質

ワキガ体質は女性が多いと言われていてニオイも強い傾向があります。

10人に1人の女性はスソワキガの傾向があるということが分かっています。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺が脇、乳首周り、ヘソ周辺、陰部にも存在しています。

軽度のワキガ体質でも陰部は排泄器官が2つあって毛も多いため、脇よりもニオイが強くなりがちです。

脇ほどアポクリン汗腺が発達しているわけではないので、ニオイの原因はほとんど「陰毛で雑菌が増殖してしまうこと」です。

スソワキガなどの性器のニオイはフェロモンの役割をしていて陰毛はわざと不衛生にして体臭を強くさせる役割をしていたものなのです。

毛根にも雑菌はいる

菌は通気性が悪く、ジメジメしたところが好きです。

脇や外陰部などは汗がたまりやすく湿っていますよね。

そのジメジメした部分でさらに菌が好きなのが毛穴の毛根部分です。

汚れがたまりやすく菌にとっては餌となるタンパク汚れや皮脂がたくさんあります。

さらに毛穴の中までは洗い流されにくいのでワキガ臭の原因となるコリネバクテリウム菌が安心して増殖できる環境なのです。

つまり、毛があるおかげで毛根と毛穴のわずかな隙間に雑菌が繁殖し、菌にとって毛穴は最高の住宅環境になっているというわけです。

脱毛してニオイが激減

毛が多いほど湿気もニオイもこもりやすくなります。

かと言って剃るのは大変ですし、剃っても毛穴と毛はしっかり残るのでニオイ対策なら脱毛の方が効果があります。

デリケートな場所なので剃刀負けを起こしたり、肌荒れやヒリヒリ感もあります。

陰毛は意外と生えてくるのも早いのでチクチクするのも早いです。

私は思い切って脱毛することにしましたが、さすがにVIOラインを他人に脱毛してもらうのは抵抗があったので自分で脱毛することにしました。

使った脱毛器はトリア

レーザー脱毛は濃くて太い毛ほど反応するので、脇毛や陰毛に効果的な機械です。

逆に足や腕の産毛の脱毛効果はイマイチでした。

今回は陰毛を脱毛することが目的なのでトリアのみで挑戦しました。

医療機関で永久脱毛の機械として使われているのはレーザー脱毛ですが、トリアは家庭用脱毛器として唯一のレーザー式の脱毛器なのです。

そのため、脱毛するときは熱くて痛いですが効果は高いです。

徐々に毛が細く薄くまばらになってきて最終的には生えてこなくなるか、産毛程度になります。

雑菌の大好きな毛穴も小さくなってスベスベになりました。

毛がなくなったことで汗が広がる表面積も小さくなったので通気性も良くなり、雑菌も繁殖する場所が少なくなったので毛があった頃よりはかなり清潔になりました。

正直、「パイパンってどうなの…」って思っていましたが、ニオイも激減しましたし消臭クリームも塗りやすくなりました。

毛が濃い部分に地肌に消臭クリームを塗るのはかなり大変ですよね。

夏場は特に快適ですし、下着から毛がはみ出ることもないので手入れも楽になります。

痛いのが嫌ならクリニック

ただトリアは本当に痛いです。

熱いような痛さで「効いてるな、毛根死んでるな」という満足感はあるのですが、氷で冷やしながら気合を入れてのぞむ必要があります。

照射範囲も狭いので何度も痛い思いをしなければなりません。

Vラインはまだ我慢できるのですがIラインとOラインは皮膚が薄くて痛みがズドンと衝撃のように感じるほどでした。

Iラインは痛すぎるのでまだまばらに残っているところもあります。

そもそも粘膜の近くは肌が暗めなこともあり、使用を推奨されていないのであくまで自己責任なのですが…。

私はOラインが見えにくくて一度粘膜に照射してしまい、火傷してしまいました。

特に何も後遺症は無かったので良かったとは思いますが、ギリギリを攻めるのはオススメできません。

医療脱毛はどうなのか?

痛すぎて脱毛出来なかった部分もあるのでクリニックでの医療脱毛も調べてみました。

医療用のレーザー脱毛専門機器だと照射範囲が広く、すぐに終わります。

痛みが少ない最新式の機械をそろえていて、麻酔や冷却ジェルの用意もしてくれているので痛みも少なく終わります。

しかも、医療脱毛はエステ脱毛と違って面倒な勧誘がありません。

短時間で早く終わって塗り薬などもクリニックによっては無料なのでエステ脱毛より医療脱毛を選ぶことをオススメします。

中でも、全国にクリニックを増やしつつあるリゼクリニックは最初の契約金額から追加料金が上乗せされることはありませんし、薬も無料です。

時短脱毛と肌質に合った脱毛ができることが売りで3種類の脱毛機が用意されているところが人気の理由です。

契約しなくてもカウンセリングは無料なのでVIO脱毛のやり方や痛みなどの不安点を相談してみても損はありません。

希望すればテスト照射もしてくれます。

途中解約や急なキャンセルでも解約料やキャンセル料はかからないので気軽に続けられます。

アフターサポートや痛みなどの面から見ると、家庭用のトリアよりクリニックの医療脱毛の方が続けやすく効果も高いことは確かです。

クリニック側も途中でのキャンセルや解約を防ぐために料金設定もシンプルで分かりやすくしていますし、痛みや苦痛を和らげるために様々な努力をしているようです。

陰毛脱毛を考えていて最寄りにリゼクリニックがあるのなら無料カウンセリングを試してみる価値はあると思います。

⇒ 無料カウンセリングはこちら

スタンダード総額