服に付いた脇の黄ばみを落とすには

黄ばみは洗濯では落ちにくい色素汚れ

ワキガ体質だと脇汗をかく部分だけくっきりと黄色く変色しますよね。白い服だと目立つし洗濯では落ちないしで結構恥ずかしかったりします。
実はこの黄ばみはアポクリン汗腺から出るリポフスチンという色素が原因なんです。この色素は生地の繊維の奥まで着色するので普通の洗濯では落ちにくく、何度か着ているうちに気がついたら黄色くなってしまうというわけです。
ワキガ体質ではなくてもうっすらと黄色くなったり、制汗剤で色がつくこともあるのですがワキガ体質の人の脇の黄ばみは境界線がハッキリしていて黄色味も強く、人によっては茶色っぽくなったりもします。
おかげで白い服が着れない、黒ばっかりとなると人生損している気分になります。そこで何とか黄ばみを落とせないかな~と試行錯誤してみました。

手洗いとつけおき

 2015y07m28d_151339519

一番効果的なのは洗濯用固形石鹸で手洗いして皮脂汚れを落としたあと、酸素系漂白剤でつけおきする方法です。

まず、手洗いで脇の部分だけ集中的に洗うことでかなり汚れが落ちやすくなります。他の汚れに関しても言えることですが気になる汚れ、頑固な汚れはとにかく手洗いに限ります。汚れの落ちかたが全く違います。
洗濯用固形石鹸をよく泡立てて黄ばみの部分をもみ洗いします。このとき40℃くらいのお湯を使うとより落ちやすくなります。洗濯用固形石鹸は靴下の黒ずみやたんぱく質汚れに適していて、繊維の奥にまで入り込んだ汚れを綺麗に落としてくれます。
その中でもおすすめなのがブルーキーネットという石鹸。かなりしつこい汚れも時間がたった汚れにも効果があります。墨汁や血液などの頑固な汚れも綺麗に落ちるので軽い黄ばみならこの石鹸だけで綺麗になることもあるくらいです。

酸素系漂白剤とお湯で

洗濯用石鹸でのもみ洗いが終わったら次は漂白剤に漬け込みます。ワキガの黄ばみは色素が生地に着色することが原因なので漂白するのが一番効果があるのです。

漂白剤には塩素系と酸素系がありますが、衣類に適しているのは酸素系です。
ワイドハイターなどが液体酸素系漂白剤ですね。粉末タイプの酸素系漂白剤の方が漂白力は強いのですが色物、柄物の洋服だとムラになったり色落ちするので液体タイプのものを使いましょう。

40℃~50℃の熱めのお湯に漂白したい衣類と液体酸素系漂白剤を入れます。酸素系漂白剤は高めの温度にすることで漂白する力が上がるのでお湯を使うようにしましょう。漂白剤と同じだけ重曹を入れることで漂白力が上がるので頑固で濃い黄ばみには重曹を入れることをおすすめします。一時間~半日ほど漬け込み、よくすすいでから洗濯機で洗濯してください。


そもそも黄ばませないことも大切!

漂白剤を使うことで少しずつ生地は傷んでしまいます。お気に入りの服やオシャレ着はなるべく黄ばみが付かないように対策しておきましょう。
おすすめなのは脇汗をピタッと止めるオドレミンやクリニークなどの塩化アルミニウム配合の制汗剤です。塩化アルミニウムは汗と反応することで汗腺の出口をふさぎ、一時的に汗を止めます。多汗症やワキガに悩む人に高評価の制汗剤です。黄色くなる汗が出なければシャツも黄ばみにくくなりますね。お気に入りの服や白い服を着るときだけでも重宝しています。

 
⇒ 汗を抑える塩化アルミニウムのデオドラント一覧