後遺症も傷跡も残らない最新ワキガ手術 ミラドライ

従来のワキガ治療はメスで切って汗腺を取って縫い合わせるという負担の大きいものでした。

しかしミラドライは切らない、傷跡も残らないのに汗腺だけをピンポイントで破壊し脇汗を半永久的に軽減してくれます。

まさに良い事づくめの治療法と言えますがどのような仕組みでデメリットはあるのでしょうか。

電磁波の照射で汗腺の機能を停止

ミラドライは切らずに脇に照射するだけで皮膚の奥にある汗腺の機能を破壊し汗の分泌を止まります。なぜそんなことが可能なのでしょうか?

それはミラドライに使われているのは技術が電子レンジと同じマイクロ波(電磁波)だからです。

このマイクロ波は水分にだけ反応し熱を発生させるので脇に照射すると汗を常に生産、分泌している脇の汗腺だけにダメージを与えます。

そのため皮膚や神経などの重要な器官には損傷を与えることなく、汗腺機能だけを集中的に破壊することができるのです。

ちなみにアポクリン汗腺が発達するのは思春期までなので、成人した大人なら一度機能を失った汗腺は2度と再生できないので半永久的に効果が持続するというわけです。

アポクリン汗腺だけでなくエクリン腺にも効力を発揮するため、ワキガだけでなく多汗症にも効果が高い施術法であることが認められています。

汗腺にダメージを与えるので施術後は脇の下に数日の違和感が残ります。

しかし切開法のように傷口を何日もガチガチに固定する必要もないので外出もできますし仕事にも行けますし日常生活に戻れます。

体への負担が軽く傷跡も無し

ミラドライの最大のメリットは傷跡が残らない、ダウンタイム(傷の回復のための安静期間)が必要ないことですね。

施術後は多少腫れますが皮膚の表面に傷があるわけではないので、感染症のリスクもありません。

週末に施術してもらって週明けには周囲にバレずに仕事にも出勤できます。数日のうちに運動も再開できます。

切開するワキガ手術の場合、手術後数日は脇を圧迫固定して数週間は安静にしていないと傷の治りが悪くなって色素沈着やひきつれなどの症状が残ることがあります。

周囲の人にバレたくない人や1週間ほどの休暇を取ることが難しい場合はミラドライが向いています。

ミラドライは施術後も見た目には全く分かりません。特に女性にとっては傷跡が残らないって大事な要素ですよね。

デメリットはあるの?

ミラドライにも欠点はあります。それは保険適応ではないこと。


そもそもワキガ治療で保険適応なのは剪除法(切開手術)とボトックス(汗止め注射)だけなのですが、ミラドライは最新技術なので保険は適応されていないのです。


治療費用は両脇で35万円です。一度の施術での満足度は88%ですが、万が一効果を実感できなかった場合の1年間の保証期間付きプランもあります。

こちらは1年以内なら再度治療できるというプランで45万円になります。重度のワキガで2度目の治療が必要になる可能性がある人はこちらのプランが安心ですね。

ミラドライ詳しくはこちら

東京プラチナムクリニックのミラドライ
ミラドライの口コミ感想はこちら