風呂上がりなのにワキガ臭がする時は

脇の洗い方が重要!

お風呂から上がったばかりなのに脇のニオイを嗅ぐともうワキガ臭がする…という経験はありませんか?
ワキガ体質の人は脇汗も多く風呂上がりのほてった体ではすぐに汗をかいてしまいます。風呂上がりのワキガ臭を抑えるにはどうしたらいいのでしょうか?

エクリン腺からの汗は体温調節のための汗なので暑いと感じたらすぐにたくさん汗が出ます。しかしワキガ臭の原因となるアポクリン汗腺は1日で出る汗の量がほぼ決まっています。アポクリン汗腺は体温調節のための汗ではないのでエクリン腺ほどたくさん出る訳ではありません。水以外の内容物が多いドロッとした汗なのでエクリン腺のさらっとした汗のようにジャンジャン作りだすことができないのです。

そのため、お風呂で脇を洗うときはしっかりもみ洗いをして毛穴の奥の汚れまでしっかり絞り出してしまいましょう。アポクリン汗腺は一度分泌すると次の汗が作られるまで時間がかかるので、アポクリン汗腺からの汗をしっかり洗い流すで風呂上がりにすぐニオイが出ることを防ぐ効果があります。

風呂上がりのケアが決め手

脇を丁寧に洗ったら寝る前にもワキガクリームを塗りましょう。寝ている間にワキガクリームの殺菌成分を角質層まで浸透させることが目的です。
寝ている間にも汗をかいて雑菌は繁殖してしまいます。ワキガクリームの有効成分を浸透させて次の日の朝にまた塗り直せば殺菌効果が長持ちします。

常にワキガクリームを塗っているとだんだんと効果が長持ちするようになる反面、ワキガクリームに入っている保存料や石油系界面活性剤の影響で肌がかぶれたりヒリヒリするなどの症状が現れることもあります。脇の下の皮膚は薄くて傷つきやすい部分です。痛みやかゆみなどの症状が出る前に、なるべく無添加の安心できるワキガ薬を使うようにしましょう。

⇒ 無添加、日本製の敏感肌にも使えるワキガ薬一覧