脇汗を匂わない液体に変える防臭素材とは

臭いと感じるのは本能

脇汗のニオイは汗の成分によって変わりますが、人が臭いと感じるニオイは結局同じ「細菌の代謝物」のニオイなのです。

臭いと感じたり、不快に感じるニオイというのは菌の汚染から体を守るために残った本能の1つです。

不快なニオイの汗が大量に出る人は、ワキガ体質の人も含めて汗の中の有機物が多いため細菌が増殖して体臭がきつくなってしまうのです。

ワキガ体質の人のニオイにもたくさんのレパートリーがありますが、腐った食べ物のニオイがするという人もいて周囲の人たちにもかなり気を使っていると言います。

簡単な体臭対策を模索する

細菌は汗に含まれる微量の栄養素をエサに増殖し代謝物を発生させます。

そのため細菌の増殖を抑制する殺菌剤を使うか、ニオイを消し去る消臭剤を使うかの二択になります。

ニオイ対策は1日に何度も塗り直したり着替えたりする手間がかかるのが面倒なところです。

そのため、衣服の布自体に消臭効果を持たせるという発想が出てきました。




⇒ 服に消臭効果を持たせるスプレーヌーラ

ワキガ対策といえば「皮膚に消臭クリームを塗りこむもの」という考えがあったので衣服に消臭効果を持たせるというのはかなり斬新なアイデアに感じました。

しかも皮膚に塗り込むワキガ対策クリームと一緒に使えば相乗効果でさらにニオイが抑えられて、クリームの塗り直しも最小限にとどめられます。

脇汗を細菌が代謝する事で発生した臭い物質はイオン交換によって分子レベルで別の物質に書き換えることができるのです。

そのイオン交換反応を起こす布やスプレーで普段から服に消臭効果を持たせます。

これは脇汗にかかわらず足のニオイや下着のニオイなどにも効果的です。

夏場などは特に身につける服全てにスプレーしておくとワキから足までニオイが全く気にならなくなります。

肌にも優しいので下着にも子供の服にも使えます。

さらに強力な消臭効果を求めるなら殺菌作用もプラスされたヌーラビオが効果的です。

ワキガ専用を謳っているだけあって消臭と殺菌のダブルパンチで効果も長持ちします。




※画像クリックで詳細が見られます。

冬場はインナーで消臭

スプレーで服に消臭効果を持たせるものは自分のお気に入りの服に消臭効果を持たせることができて便利です。

ただ、洗濯してスプレーした消臭剤が洗い流されると効果もリセットされるので洗濯するたびにシュッシュッしないといけません。

これが結構手間で、スプレーもすぐに無くなってしまうので経済的にも時間的にもコスパはあまり良くありません。

そこで、夏場はインナーシャツなど着ないのでトップスに直接スプレーをするしかないのですが、冬場はインナーシャツを消臭糸で作られたものを常用すればかなりコスパが良いのでは?と思い、試してみました。

冬場はヒートテックやらインナーシャツやら防寒のために何枚か着込みますし、直接肌に触れる服がインナーシャツで決まってしまっているのでこれを全部防臭素材のシャツに変えました。




※画像クリックで詳細が見られます。

「デオル」という防臭糸が編み込まれたシャツで何度洗っても、使い込んで破れても消臭効果は半永久的に持続するところに惹かれて選びました。

もともとヒートテックなどの化学繊維はニオイを吸着しやすくて臭くなりやすいのであまり好きではなかったのですが、セーターなどの洗濯しにくい服に汗の臭いが付かないのが何より嬉しいポイントでした。

半袖しかありませんし、やはり吸水発熱系のヒートテックよりは防寒性は劣りますが、私は防寒よりも防臭の方が重要だったので大正解です。

そもそも寒い日はインナーを2枚重ね着するだけでもかなり暖かいのであまり気になりません。

スプレータイプの防臭剤は夏場のトップスや靴下などに、防臭糸で編まれた防臭シャツは冬場に活躍させることで出費を最小限に抑えられます。

もちろん防臭シャツは夏場も使えます。無地のTシャツなので使いまわせて便利です。部屋着としても使えます。UネックとVネックもあるので気分で変えることもできます。

でもワキや首回りの黄ばみが気になるので買い替え頻度は普通のTシャツと一緒かも。黒シャツがあれば良いなとは思いますが、黒は色あせが目立ちますし黄ばみはウタマロ石鹸である程度落ちるので、私の場合はウタマロ石鹸と漂白剤で手入れをしています。