脇毛の永久脱毛でワキガ臭が激減

脇毛はワキガ臭を強める

脇毛を剃ったり脱毛することでワキガ臭対策にかなりの効果があることをご存じでしょうか?

ワキガ臭はアポクリン腺からの汗を細菌が分解することで発生します。このワキガの強烈な匂いはフェロモンの役割していた頃の名残りであり、脇毛は汗を溜め込んでニオイを増強することで周囲にワキガ臭を広くまき散らす働きをしているのです。

髪の毛が直毛でも脇毛や陰毛はくせ毛でモジャモジャしていますよね。これも汗を蒸発させにくくしている人体の工夫なのです。
アポクリン汗腺は毛穴の中に汗を出すので、汗をかくと脇毛をつたって脇毛全体が汗でしっとりします。脇毛がモジャモジャ互いに絡み合っていると汗が蒸れて雑菌が爆発的に増えます。

それだけではなく脇毛の毛根でも雑菌が増殖しワキガ臭を強くしてしまうのです。脇毛の存在そのものがワキガ臭を増幅している原因なんですね。

軽度のワキガであれば脇毛を処理するだけでもかなりの違いを感じられるはずです。
ワキガ臭の予防で大切なのは殺菌と制汗です。脇毛が無くなれば汗が蒸発しやすくなって脇の下が乾きやすくなります。湿度の低いサラサラの状態だと雑菌は繁殖できなくなり、雑菌が抑えられると雑菌が汗を分解する量も減るので結果的にワキガ臭の予防となるのです。
脇毛の処理をするだけでワキガ臭が無くなる人は非常に軽度のワキガであると思いますが、中度以上のワキガでも制汗作用や殺菌作用のあるデオドラントと併用することで充分効果を感じられます。それだけ脇毛があるのと無いのとでは全く違うのです。

脇毛を剃る?抜く?

2015y07m28d_165139349

脇毛の処理の仕方ですが、剃るか抜くかどちらがいいのでしょうか。剃るだけでも充分効果はあります。
しかし、ワキガの原因である雑菌は毛根の部分でも増殖し毛穴の中で匂いが増幅してしまいます。脱毛することで毛穴の中も清潔になって毛穴も引き締まるので防臭効果は抜く方が高いですね。

しかしワキガの人の脇毛は太くてかなりしっかりしているため、抜くと肌を傷めたり血が出ることもあります。肌に傷が付くと嫌な匂いがしたりワキガ臭が酷くなったように感じます。脇の下は蒸れやすいので毛を抜いて血が出たりすると膿がたまってしまうことも。

「脇毛を抜くとアポクリン汗腺を刺激して匂いが強くなる」という説もあるようですが科学的な根拠はありません。確かにアポクリン汗腺は毛穴に出口を開いていますが、毛を抜くことでアポクリン汗腺そのものに刺激を与えるというということは科学的には考えにくいですね。
おそらく、わき毛が無いことで脇から汗が流れ落ちるため汗の量が増えたように感じるのでは?と言われています。

毛を抜いたり剃ったりすることでワキガ臭が強くなったと感じるのは肌を傷めたことで発生するニオイであることが多いです。傷が原因なので一時的なものでしばらくするとニオイの強度は元に戻るのですが、脇毛を抜くことで匂いが強くなるのは嫌ですよね。定期的に抜くことで肌が慣れてきて抜きやすくはなってきますが肌を傷めていることには変わりはありません。

永久脱毛でワキガ臭が減少

脇毛を剃るにしても抜くにしても脇の下の皮膚を傷つけて嫌なニオイが酷くなってしまっては本末転倒です。カミソリ負けや毛が埋まって生えてしまう「埋没毛」などは見た目も悪いですし肌の炎症につながります。

脇毛の処理で一番有効な方法はやはり永久脱毛です。毛が生えてこなくなるので毛穴も引き締まり、清潔に保たれます。永久脱毛してしまえば脇毛を処理するときに皮膚を傷つけることもなくなるので傷による匂いが出ることもありません。

脱毛することで汗の量が減ったりすることはありませんが、ワキガ薬やデオドラントは肌に浸透しやすくなり消臭効果もアップすることで持続時間も長くなります。
ワキガ手術の皮下剪除法はアポクリン腺を取り除くと同時に脱毛効果もありますが、メスを入れるのでどうしても傷は残ってしまいます。

軽度のワキガでワキガ手術まではしたくないという方は脇毛の永久脱毛だけならやってみる価値があるのではないでしょうか。