腋臭(わきが)とは?

原因はアポクリン汗腺

わきがとは思春期以降、脇の下にかいた汗が刺激のある独特の匂いを放つ症状のことでわきがではない人の普通の汗くささとは全く違う匂いです。
腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれ、匂いの原因は脇の下の毛穴に分布するアポクリン汗腺です。日本人を含むモンゴロイドはアポクリン汗腺をほとんど持っていないのですが、わきが体質の人は生まれつきアポクリン汗腺が多くて脇の下に密集しており、大きさや数によって匂いの強さが決まります。

汗の臭いとは明らかに違う不快な匂いなので「きちんと洗ってないのでは?」「不潔にしているのでは?」と思われがちですが、わきがは遺伝による体質です。不潔どころかかなり気を使っていても少量の汗で強烈に臭ってしまうのです。

 

アポクリン汗腺はなぜ匂うのか?

汗を作り出して皮膚に分泌する器官のことを『汗腺』と言いますが、汗腺は大きく分けて2つあります。エクリン腺アポクリン汗腺です。
エクリン腺は全ての人が持っていて身体中の皮膚に存在します。成分の99%は水分で残りの1%に塩分やアンモニアなどがふくまれています。そのためエクリン腺の汗は大量にかいても酸っぱい匂いがするぐらいで普通に生活する分には基本的に匂いません。

それに比べてわきがの人が持つアポクリン汗腺は主に脇の下、耳の中、乳輪、へその周り、性器の周辺など局所的に存在していますが脇以外の部位の多くは退化してほとんど目立たない存在になっています。そのため脇の匂いのみが際立って感じてしまうのです。


アポクリン汗腺から出る汗の成分は70%~80%が水分で残りはタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分など様々な物質が含まれていて少し濁った粘りけのある汗です。アポクリン汗腺から出る汗自体はもともと無臭なのですが皮膚や脇毛の常在細菌によって分解されることで初めてわきが臭を発生させます。皮膚の常在細菌にとっては様々な成分が含まれるアポクリン汗腺の汗は栄養たっぷりのエサとなって菌が増殖し、少量の汗でも独特の刺激臭を発生するのです。

アポクリン汗腺が活動し始めるのは思春期以降ですが最近は栄養状態が良さや食の欧米化で肉食が一般化したことで発育が良く、早ければ小学生低学年からワキガ臭がすることも。

わきがになると白いシャツなどの脇の部分のみが黄色くシミになるようになり洗濯では落ちにくいです。これはアポクリン汗腺の汗にリポフスチンという色素が含まれているためで日本人は黄色~茶褐色になるのが一般的ですね。人種によっては黒くなったり蛍光を発することもあります。

日本人はワキガが少ないから苦しい

日本人のわきが率は約15%ほどで8割~9割の人はアポクリン汗腺が退化していて萎縮しています。アポクリン汗腺が多少存在していても毛穴に開孔していないためほぼ機能していません。
しかし世界的に見ると、白人の8割、黒人はほぼ100%アポクリン汗腺が活発に汗を出しているワキガ体質です。そのため外国では『わきが』は一般的で普通のことであるのに対し、日本人は体臭が少ない人の方が大半であるためワキガ体質であることが深刻な悩みになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)