気を付けたい男性のワキガケア

脇毛を残したい男性

ワキガ対策の基本は湿気のこもりやすい脇の下を清潔に保つことですよね。ここで男性と女性でワキガケアに違いがあるとすれば脇毛の存在です。女性にとって脇毛は匂いなど関係なく身だしなみとして処理するものですし日常化しているので苦になりません。
しかし男性にとって脇毛は男らしさの象徴であり、誰かに見せるわけではなくても脇毛の処理や脱毛に抵抗がある方は多いのではないでしょうか。

脇毛はワキガ臭を強くする役割をもつ

アポクリン汗腺から出る汗はたんぱく質や脂質などの栄養素がたっぷり入っていて皮膚の常在細菌に分解されることで悪臭を放つようになります。
しかもアポクリン汗腺は汗の出口を毛穴と共有しているため毛穴や脇毛の中で汗がむれやすくなってしまいます。菌が繁殖しやすい環境になるためワキガ臭がより強く、溜め込みやすくなります。
ワキガ臭は人間が進化する前にフェロモンとしての役割をしていました。脇毛はフェロモンの匂いを強くして溜め込み、広範囲に匂いを拡散するために存在しているのです。現代人にとっては悩みの種となってしまっていますが人間が類人猿だった頃の知恵であり、名残なのです。

男性特有のミドル脂臭とワキガ臭

男性はワキガではなくても体質的に女性よりは匂いやすいと言えます。これは男性ホルモンが皮脂の量を増やす働きがあるためで、女性の場合は女性ホルモンで抑制されているため男性ほど油臭い体臭にはならないのです。
男性特有の体臭で代表的なものに「ミドル脂臭」というものがあります。これは30~40代の男性の後頭部付近から発せられるアブラ臭い汗の匂いのことで、体臭としてはワキガ臭に匹敵するくらい不快な匂いと言われています。そのため、本当はワキガではなくても強い体臭のために「自分はワキガなのではないか」と悩む方も少なくありません。

ワキガ体質であればワキガ特有の匂いとミドル脂臭の匂いが混ざってより強力な悪臭となることもあるのです。男性の場合はワキガ臭以外の体臭での悩みも多く、ワキガ臭だけをケアするのではなく男性特有の匂いも一緒に解決することが大切ですね。

ワキガである自覚がないのは男性に多い?

男性は女性よりも他人や自分の体臭に関して無頓着であることが多く、重度のワキガであっても「汗をかけば誰でも多少は匂うもの」と思っている方も少なくありません。
また、男性ホルモンの関係で男性が全般的に体臭の強い体質であることも関係しているのかもしれませんね。そのため男性は無自覚のワキガであることが多いのです。周りの反応が気になったり、他人から体臭を指摘されたりする場合はワキガチェックをしてみることをおすすめします。ワキガであれば適切な対策方法がたくさんありますし、ワキガでなければ別の対策をしなければなりません。自分の体臭は自分では分かりにくいものなので友人に聞いてみたりチェックシートを活用して体臭の原因を突き止めましょう。

無理のない範囲でワキガ対策を

男性がワキガ手術をためらう理由として大きいのは脇毛が無くなってしまうことです。男なのに脇がツルツルなのはちょっと…男なのにワキガなんかで手術なんて…などと、男性の場合は恥ずかしさでワキガ手術をためらってしまいます。
脇毛を温存するワキガ手術もあるのですが、アポクリン汗腺を取り残す可能性あって確実な治療法ではありません。完全に取りきれなかったアポクリン汗腺から出る汗が脇毛で匂いが増幅されてしまうため結局ワキガ臭の悩みが解消されない可能性があるのです。


現在ではデオドラント剤も様々で外国製のものなどは非常に強力なワキガ対策になります。自分の体に合ったデオドラント剤があれば手術をしなくても快適に過ごすことが出来る時代なのでまずはデオドラントから試してみましょう。