耳垢が湿っているのかよく分からない!

ワキガかどうかの一番の判断材料が耳垢

ワキガ体質なのかどうかを判断するには耳垢の状態を確認するのが一番確実です。
体温調節の役割をする汗腺であるエクリン腺は耳の中には存在しません。そのため、耳垢が湿っているということはワキガ臭の原因であるアポクリン汗腺が耳の中に多いということです。耳の中にアポクリン汗腺がある体質の人は脇の下にもアポクリン汗腺が豊富にあると考えられるのです。


ただ、耳垢が湿っているからと言って必ずしも脇の下のアポクリン汗腺も多いとは言えず、耳の中にだけアポクリン汗腺が存在する人もいます。耳垢の状態は100%遺伝によって決まるため親が濡れた耳垢なら子供にも遺伝している可能性が高いです。耳垢が湿っている人の9割は脇の下のアポクリン汗腺も多いと言われているので、親が耳垢が湿っていてワキガ体質ならばほぼ間違いなくワキガ体質であると言えますね。

耳垢が湿るとは?

耳垢が湿るというのはどんな状態なのか知らない人にとってはピンと来ないですよね。一言で湿っていると言っても少し濡れているなという人から飴耳と言って粘性のあるビヨンと伸びる耳垢、耳からダラダラと出てくるほどベチャベチャの耳垢もあります。
ワキガ体質の耳垢は具体的にいうと水飴のようにネバネバ、ネトネトしている状態です。外耳道にへばりついている状態で普通の竹の耳かきでは取れません。綿棒でぬぐうと濃い黄色から茶色でベチャっとした耳垢が付くと思います。
私の耳垢はちょうどヘアワックスのような感じでクリーム状で粘性があります。耳掃除は綿棒でないと出来ませんが頻繁に耳掃除はしていません。乾いた耳垢より粘性がある耳垢は詰まりやすいと思いがちですが耳掃除をしないから詰まりやすいということはありません。むしろ耳掃除のし過ぎは乾いた耳垢でも濡れた耳垢でも詰まりやすくなってしまうことがあるのです。

耳掃除のしすぎはNG

耳垢は新陳代謝によって出る古い角質やホコリ、耳道の分泌物などでできています。耳垢は定期的に掃除をしないと「耳垢塞栓(じこうそくせん)」と言って耳垢が耳の奥で詰まってしまうと言われています。しかしこれは綿棒で耳掃除をする際に耳垢を奥に押し込んでしまうことで引き起こされる症状なのです。耳垢は食事やおしゃべりなどをするとアゴの動きによって自然と外に排出されるようになっており、耳の穴の入り口付近の掃除だけで充分だと言われています。あまり奥まで綿棒や耳かきを入れると誤って耳垢を奥まで押し込んでしまう恐れがあります。
耳垢が湿っている人は耳垢が自然と排出されたときに耳の周りが汚れてしまいます。耳の入り口を優しく綿棒でぬぐうぐらいのお手入れにとどめておきましょう。

耳垢の状態で分かるワキガの重症度

耳の中にあるアポクリン汗腺は少ないので脇のようにワキガ臭を感じるほどのものではありません。しかし耳のアポクリン汗腺の量は脇のアポクリン汗腺の量と比例していると言われています。

耳垢はネットリしているけれど脇の下にアポクリン汗腺は無いという珍しい人もいますが、ワキガ人口全体の1割程度です。基本的に耳垢の湿り具合はワキガの度合いの指標になると言っていいでしょう。
自分がどの程度のワキガなのか気になるところですが、日本のワキガ人口は15%ほどなので周りのワキガの人と比べるのは難しいですよね。そこで耳垢の状態がワキガの重症度の目安となるのです。

軽度のワキガの人は耳垢がしっとり湿っている程度です。耳垢が形を保っているので竹の耳かきで取ろうと思えば取れます。しっとりしているので耳掻きは汚れてしまいますが。

中度のワキガの人はネットリしていてビヨーンと水飴のように伸びます。形を保っている耳垢もありますが水飴やヘアワックスのような触感の耳垢と混ざっています。綿棒で掃除するのがベストです。

強度のワキガの人はドロドロの耳垢です。ほぼ液状になっている耳垢もあって耳からトロリと垂れてしまうことも。耳ダレですね。耳の周りが汚れがちなので耳の中だけでなく、耳の周りや溝も掃除しましょう。

もちろん、軽度のワキガだけど耳垢はドロドロという例外もありますので一概には言えませんが、だいたいこんな感じという目安程度にはなると思います。

耳垢が柔らかくても基本的には生活に支障が出ることはありません。しかし液体部分が多い人は耳の周りが汚れやすいのでお風呂上がりに掃除やふき取りが必要です。ただ、やり過ぎると耳垢を奥に押し込んでしまうことがあり、上で挙げた「耳垢塞栓症」という耳の閉塞感や耳が聞こえにくくなったりする症状が出ることがありますので注意が必要です。