アイロンをかけるとワキガ臭がムワッと立ち上る時にすべきこと

洗ったはずなのに匂う?

会社に着ていくワイシャツや制服のブラウスなど着る前にアイロンをかけますよね。その時、脇の部分にアイロンをかけるとムワッとワキガ臭が立ち上ることありませんか?「洗濯したのに匂いが残ってる!」と自分のワキガ臭の強さに絶望したりしてました。

しかしアイロンをかけるとワキガ臭がする時ってだいたい脇の部分が黄ばんでいて服の素材もポリエステルなどの化学繊維であることが多いのです。

実は脇汗汚れも匂いも残っている!

ワキガ体質の人の脇汗はたんぱく質、脂質、糖質、色素、鉄分など水分以外の栄養素がたっぷり。そのため細菌の繁殖に繋がりやすく腐ったような悪臭となるのです。
このワキガ臭や脇汗汚れはかなり頑固で生地の繊維の奥まで染み込みます。洗濯することで汚れも匂いも落ちたように見えていますが、実はかなりの汚れが生地にこびりついているのです。

「匂い」の元となる匂い分子は高温になると急速に蒸発します。そのためアイロンをかけると生地にこびりついていたワキガ臭が空気中に拡散され、悪臭が立ち上ってくるのです。

落ちきっていない汚れはもみ洗い、つけおき

脇の黄ばみが残っているということはワキガ臭も落ちきっていない可能性が高いです。このような汚れを放置していると脇の黄ばみやワキガ臭が少しずつ蓄積されてアイロンをかけなくてもワキガ臭が取れないようになってしまいます。

繊維の奥まで染み込んだ汚れは洗濯機に入れる前に脇の部分だけでももみ洗いしましょう。黄ばみが強い場合は酸素系漂白剤でつけ置きすることでかなり汚れが落ちやすくなります。

⇒服に付いた脇の黄ばみ、匂いを落とすには