脇の汗じみが黄色いとワキガ

洗濯しても落ちない脇の黄ばみ

ワキガ体質の人はそうでない人よりも脇汗の成分が違います。ワキガではない人はエクリン腺という体温調節の役割をする汗腺しか持っていません。エクリン腺の汗は99%が水分でサラッとしていてたくさん汗をかくと少し酸っぱいような匂いがします。

ワキガ体質の人はこのエクリン腺とは別にアポクリン汗腺を持っています。アポクリン汗腺は脇の下に集中的に存在したんぱく質や脂質、色素など細菌に分解されると匂いの元となるような成分がたっぷり入った少し白濁した汗を出します。

ワキガ以外で黄ばむ理由

ワキガ体質だとシャツやブラウスの脇の部分だけがすぐに黄ばんでしまうという特徴があります。
ワキガではなくてもシャツの脇が黄ばむことはあるのですがワキガ体質の人とは黄ばむ理由が違います。

エクリン腺からの汗でも長年着ている服にはうっすらと黄色くなることがあります。しかし、黄ばんだ部分と白い部分の境目が不明瞭で黄ばみ自体もそれほどキツい色ではありません。ワキガ体質の人はすぐに黄ばむので白いシャツが着られなくなります。

もう1つは制汗剤を頻繁に使うことで脇の部分が黄色くなることがあります。これは汗のせいではなくて制汗剤の成分がシャツに付いてしまうからなんですね。

ワキガ体質が原因の黄ばみは黄色や黄褐色などかなり濃い色になりますし、何度か着ただけで短期間で黄ばむのですぐに分かります。

正体はリポフスチンと鉄

ワキガ体質の人が持つアポクリン汗腺からはたんぱく質や脂質などのワキガ臭の元となる成分の他にリポフスチンや鉄などの色素も出ています。一般的にアポクリン汗腺が活発でワキガ臭がキツい人ほど黄ばみも強くなると言われています。
黄ばみが洗濯ではなかなか落ちない理由はリポフスチン色素が繊維の奥まで着色しているのが原因です。漂白剤で綺麗にすることが出来るので試してみてください。

⇒服に付いた脇の黄ばみの落とし方